糖尿病予防のために高血圧と高血糖を意識して食事する

食事から予防する

レディ

高血圧になってしまうと脳梗塞や心筋梗塞に陥ってしまう可能性があります。これらは食事から改善することができます。最近では栄養バランスに考慮した食事を宅配してくれる人も多くいます。

詳しく見る

塩分は控える

ご飯

腎臓病になると食事に制限がかかります。腎臓病にならないためにも日々の食事には気を使う必要がでてくるのです。日々の食事でラーメンを良く食べる人などは食事の内容を変えることをおすすめします。

詳しく見る

一日の摂取量の目安

和食

総エネルギー量を決める

糖尿病とはインスリンの働きが悪くなって血糖値が上がる病気のことです。血液中のブドウ糖の量を調節するのがインスリンです。インスリンはブドウ糖を細胞に送り込むための重要な役割があり、このインスリンの働きが悪くなると、高血圧による動脈硬化や神経障害、腎臓障害など合併症を起こす恐れがあります。糖尿病と診断されたら、まず血糖値をコントロールするために食生活を見直す必要があります。ただ糖尿病になったからと言って食事制限で甘いものや好物が食べれないわけではありません。糖尿病を改善するには食事を食べすぎないこと、野菜や海藻類、ビタミンなどバランスよく食事に取り入れることです。食べ過ぎをふせぐには自分の年齢、身長、体重、血糖値などで適正摂取量を知る必要があります。食事メニューはたんぱく質を多く含む大豆やきのこ、こんにゃくなども取り入れるといいでしょう。

食べ方の工夫とメニュー

適正摂取エネルギーでも食事の方法次第で満腹感をとることは可能です。食事はよく噛んで早食いをしないで時間をかけて食べることです。キャベツなど大きめに切って調理したり大豆やごぼうなど歯ごたえのある食材なら噛む回数が増えます。食後は血糖値が上昇します。高血糖を予防するためにはご飯やパンなど、炭水化物の割合を6割に抑えることが必要です。また、高血圧の予防のために塩分も控えましょう。低カロリーで食物繊維の豊富なこんにゃくや、きのこなどは調理も簡単です。他には良質なタンパク質を含む大豆製品をメニューに取り入れましょう。そしてよりよい治療を継続していくためにも、食事の内容だけでなく回数と量の間隔を守って摂ることです。食事を一日3回摂ることは、栄養素の効率をよくして空腹を抑える効果があります。また食事療法は家族の協力がなければ継続は難しいです。料理が上手な人でもなれない制限食を毎日作ることは大変です。最近では糖尿病食を宅配してくれるサービスもあるので、料理をする人の負担軽減のためにも活用すると良いでしょう。

ご飯を食べる時の注意

食事

糖尿病になったら食事に気を使う必要があります。また食事の内容以外に、食べる際にゆっくりと、よく噛んで食べるというのを意識するようにしましょう。間食などは極力しない方が体には良いです。

詳しく見る