食事から予防する|糖尿病予防のために高血圧と高血糖を意識して食事する

糖尿病予防のために高血圧と高血糖を意識して食事する

食事から予防する

レディ

人々が年齢を重ねてくると、さまざまな病気を患うものですが、日本では高血圧に対する対策が大きな課題です。理由としては、今でも死亡率の上位を占めている脳梗塞や心筋梗塞などは、高血圧が背景になっていることが多いためです。こうした高血圧を予防するためには、毎日の食事に気を付けて食事療法をする必要があります。しかし、自分自身あるいは自宅で食事療法をすることは、ある程度栄養学的な見地に立たなければなりません。そこで、最近は高血圧を予防するための食事療法の食事を、自宅に宅配してくれる業者が増えてきています。こうした業者には、専門の栄養士などが勤務していて、しっかりとした食事の管理を行ってくれるので、安心することが出来ます。

では、こうした高血圧の食事療法に有効な食事を、自宅に宅配してもらうにはどれくらい必要か説明します。まず、最近増えている一人暮らしの高齢者が、一般的な食事を自分で作ると、1食に付き300円から500円程度は最低でも必要になります。また、ガスや電気調理器などで調理もしますので、光熱費を上乗せして考える必要があるのです。これに対して宅配業者の食事を利用すると、500円前後の料金で利用できる業者がけっこう存在します。また、この場合は調理に必要な光熱費がほとんどかかりません。こうしたことを総合すると、自宅において自分で調理する場合と、業者に宅配してもらうのとでは、料金としてはそれほど大きな差はないことが分かります。